ペット葬儀をすることでペットロスの解消になる~心の整理を付ける~

ペットロスとは?~大切なペットの死を受け止める~

愛したペットが亡くなった~大きな喪失感から立ち直るために~

長年一緒にいたペットが亡くなってしまうとショックのために生活に支障が出ます。大切なペットが亡くなった人たちはどのように乗り越えてきたのでしょうか。

ペットの死が与える影響

大切なペットを亡くしてしまうと、悲しみが襲ってきます。乗り越えることができないと「ペットロス」になってしまいます。ペットロスの症状は精神面だけはなく、身体にも影響がでてしまいます。その症状は、うつ状態や情緒不安定、無気力、摂食障害、消化器疾患などです。生活を共にしていただけに居なくなった現実を受け止めることができなくなります。克服する方法としてペット葬儀をして供養してあげる方法があります。

ペットロスを乗り越えた人

ペット葬儀をすることでペットを亡くした絶望感はどう変化するのか、ペット葬儀をしてペットロスを乗り越えた人達の感想を見てみましょう。

ペット葬儀をしたことで、気持ちが少し楽になりました。(50代/しげるさん)

大切な愛犬は家族の一員として生活していたので亡くなったときは、悲しみに明け暮れていました。きちんと見送ってあげたいという気持ちからペット葬儀をすることにしました。スタッフの方々が親切に話をしてくださり心を落ち着かせてペット葬儀をすることができました。きちんとしたお見送りができたことで少し気持ちが楽になったので良かったです。

愛猫が亡くなった時、ペット葬儀をしました。(40代/みゆきさん)

いつも一緒にいて、くっついていた時の温もりが忘れられませんでした。悲しみの中、ペット葬儀を行ってくれるところを見つけて、葬儀をすることにしました。対応がとても親切で初めてのことで悲しみを抱えた状態だったけど家族できちんと見送ることができました。私が選んだ会社は葬儀車が来てくれ御骨上げも立ち会うことができたのでペット葬儀をして本当に良かったと思います。

理想の葬儀のために

理想の葬儀をするためにも十分な情報を集めることが大切です。そして、信頼できるペット葬儀会社を選び、たくさんある火葬の方法の中から自分達がやってあげたいと思う方法を選ぶ必要があります。悲しみの中での選択は大変ですが、しっかりと選ぶことで後悔しないペット葬儀を行うことができます。

ペット葬儀を終えた後~ペットロスを引きずらない~

猫の遺影

ペット葬儀をすることでペットロスを解消できない人もいます。ペットロスを引きずらないためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

葬儀後にやる事

ペットロスを引きずらないようにするには、ペット葬儀後の行動が重要になります。ペット葬儀の後にどのようなことに気を付ければいいのか見てみましょう。

ペット葬儀が終わった後にできる、ペットロス対策を教えて下さい。
ペットが生前に使っていた、おもちゃや首輪などを残しているとペットロスが長引く原因になります。思い出がたくさん詰まったものだが、少しずつ整理していきましょう。愛用品を整理することで少しずつ気持ちの整理もできてきます。どうしても自分ではできないという人は、気持ちを理解してくれる人やカウンセラーなどに相談してみましょう。

メモリアルグッズ専門店を利用する

ペットロスを克服するには、飼っていたペットに関する物を身に着けることも効果的とのことです。たとえば「メモリアルグッズ」と言って、ペットの遺毛や遺骨をペンダントやキーホルダーにして、身に着けることができる専門店もあります。このようなグッズを遺影の前に飾ったり、身に着けたりして心を癒すことができると言われています。