自分に合ったペット葬儀をしてペットロスを軽減させる

ペットロスとは?~大切なペットの死を受け止める~

ペットロスを軽減させるペット葬儀~葬儀の種類を選ぶ~

お線香

ペット葬儀でペットロスを軽減させることができるが、ペット葬儀のことをよく知らない人も多くいるのではないでしょうか。

葬儀の種類

ペット葬儀をする際は、葬儀の種類を選ぶ必要があります。それぞれの違いを把握して、自分達に合った種類を選べるようにしましょう。

一任個別葬
一任個別葬とは葬儀の後、ペットの亡骸を一体ずつ個別に火葬してもらいます。この葬儀の方法で行われる全ての流れは、葬儀してくれる会社に任せることとなるため、火葬の立ち合いやお骨上げなどに参加することができません。納骨や埋葬、返骨は可能です。
合同葬
合同葬とは、自分が飼っていたペットだけではなく、他のペットも一緒に葬儀を行い火葬します。火葬立ち合いやお骨上げをすることはできません。遺骨を納める場所も合同で、合同墓地や共同供養塔へ運ばれます。火葬からは、葬儀社に一任してもらうことも可能です。
立ち合い個別葬
立ち合い個別葬は、葬儀の後に個別で火葬してもらいます。一任する方法とは違い、一つ一つに立ち会うことができます。希望があれば、お骨上げをすることができ、その遺骨を納骨や埋葬、返骨することも可能です。立ち合いの希望があれば葬儀社の人に伝えましょう。

ペットを見送る準備

火葬では骨を綺麗な状態で残すために、一緒に火葬できる物とできない物があるので確認が必要です。ペットが愛用していた物を一緒に火葬することで、ペットロスを軽減させることが来ます。しかし、一緒に火葬することで骨が変色したり、骨に愛用品が付着したりする物もあるので前もって確認しておきましょう。主に火葬できるものは、綿製の物、好きだった食べ物、生花などです。

火葬後の遺骨

火葬後に集めた遺骨は、自宅に持ち帰り遺影と一緒に置いたり、自宅の庭に埋葬したりすることができます。また、持ち帰って置いておく場所や埋葬場所がない人は、費用はかかりますが寺院や霊園などに遺骨を預けることも可能です。