ペット葬儀後は愛用品の処分とメモリアルグッズ作成でペットロス解消

ペットロスとは?~大切なペットの死を受け止める~

愛用品を整理する~心の整理をつけるまで~

ペットの愛用品が残っていることでペットロスが長引きます。心の整理をするためにも、愛用品の整理をしましょう。

遺品整理の方法

ペットの愛用品を整理することで、ペットロスを克服できます。自分での整理が難しい場合は、ペット葬儀の会社やお寺に供養を任せましょう。

ペット葬儀会社で処分
ペットの愛用品を自分ではなかなか手放すことができない人がたくさんいると思います。そのような場合は、ペット葬儀会社に相談しましょう。ペット葬儀会社が対応してくれるところは、ペットが愛用していた物を引き取ってくれて、それを住職さんに供養してもらいます。無事に供養が終われば、その後に処分します。供養もしてくれるので心残りなく処分することができます。
お寺に持って行く
葬儀社が対応できない場合は、直接お寺に持っていって処分しましょう。お寺で処分する際には、しっかりと供養と祈祷を行います。その後に炊き上げしてくれるお寺もあります。近くのお寺や、供養をお願いしたいお寺などを探して足を運んでみましょう。自分では処分できない人はお寺だと供養や祈祷を押してくれるので、きちんと気持ちの整理をすることもできます。

メモリアルグッズを作ってペットロスを解消

ペットが亡くなった後も、ずっと忘れないように思い出として残せる物があります。メモリアルグッズを作ることでもペットロスの解消に繋がります。

ペットの生きた証を残す

メモリアルグッズは、ペットの写真や毛、遺骨をペンダントやキーホルダーにして思い出に残すことができます。メモリアルグッズを自宅に飾ったり、身に着けたりして亡くなった後もずっと一緒にいるような感覚で思い出に残すことができます。生きた証をこのような形で残すことによりペットロスを解消することができます。